スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ストレスとの向き合い方

この記事はペパボのマネージャー陣が日替わりで書く Pepabo Managers Advent Calendar 2018 の21日目の記事です。

 

私たちが社会・組織の中で生きていくうえで、相互に対する誤解や錯覚はまま生じます。

その期待差をギャップとします。

 

そしてギャップを受け止めた場合に発生するものをストレスとします。

 

ストレスを抱えている人のイラスト(男性)

 

 

会社で活躍して成長するのと同じくらい、ストレスとうまく付き合うことも長く働く上で大切だなと思っています。

 

自分としては「ギャップ」が生じる段階、次に「ストレスを受け止める」段階、最後に「ストレスの昇華」の段階という3つに分けて、対応しています。

 

それぞれの整理し、説明していきます。

 

すっきりした顔の女性のイラスト

 

1、ギャップ

ギャップとストレスの因果関係を考えますと、ストレスを小さくすることが最も大切であると考えています。

ギャップは(1)周りに対する自分の期待値が高い場合、(2)自分に対する周りの期待値が高く、周りが自分への失望(怒り等)で表れる場合があります。

 

(1)周りに対する自分の期待値が高い場合

周りに対して「〇〇すべき」「〜するであろう」と‐ー蠅亡待値を高めてしまう場合と⊆分の常識で考えてしまうことがあります。

_疆戮粉待

こちらは一緒に働く人に対して特に行いがちなのですが、基本フラットに考えつつ、失敗もすると考えることで期待値を低めています。

 

⊂鐚韻療てはめ

監査法人から事業会社に移った当初、ここが強かったなと最近は反省をしています。

バックグラウンドが異なりますと、それぞれの人の常識が異なります。

そのため最近は「各々で常識が異なる」と考えるようにしています。

楽しく同僚と話す会社員のイラスト

 

(2)自分に対する周りの期待値が高く、周りが自分への失望(怒り等)で表れる場合

自分に対する期待値はそもそもコントロールできません。

あるスポーツ選手が試合でベストを尽くすために、自分でコントロールできることとできないことを分けて考え、できないことは諦めると言っていたのを参考に、自分としてもここは諦めています。

強いてできるベストは普段から接する方々に自分の考えなどを話すようにして、自分への過度な期待値を下げるための活動をしています。

 

 

2、ストレスの受け止め方

ギャップの縮小化を行いつつも、やはりストレスは発生します。

その際にやっていることは基本、「原因を取り除く」です。

ただ感情が揺れ動く場合もあるため、その点、注意が必要です。

 

探偵のイラスト(女性)

 

(1)事象の把握

まず事実をきちんと把握します。

結構ありがちなのが、「勘違い」です。なので伝聞の場合は特に事実をきちんと把握します。

 

(2)背景の整理

例えば自分としては良くないと感じた事象もその背景を考えると納得できることも多々あります。

また自分の考えの背景を再度検討してみると、そこから誤解が生まれていることもあります。

 

(3)対応の検討

事象を把握し、背景を整理したら、原因をどう対応するかを考えます。

他責で考えてしまうと、改善不能となりストレスがなくならないことがあるので、私は可能な限り自責で考えます。

対人の問題であれば、しっかりと向き合います。

 

(注)感情について

第一印象で生じた感情も(1)から(3)へ進むにつれて、結構落ち着くことがほとんどなのですが、まれにそうでないときがあります。その時はひたすら目的達成を考えます。

会社の場合だと、それぞれの人が役割を持っているため、役割の徹底を考えます。

 

 

3、ストレスの昇華

うまく対応できなかったストレス、ないしは対応したにも関わらず「心がもやんとする」ことがあります。

その場合は、もう自分が初老だからだと思うのですが、ほぼ大抵のことは時間の経過により解決します。

その経過を早めるためには/臾押↓▲献爐濃纏のことを考えられないくらい重い負荷をかけまくる、ドカ食いをするのいずれかを行います。

一般的には「話す」もあると思うのですが、「話す」は内容に寄ると思います。

自責で整理して話せると良いのですが、どこかしら他責にしてしまうと話したことでうまく昇華ができず、またマインドがネガティブになる可能性があります。

なので個人的には 銑で昇華しています。

ベンチプレスのイラスト(男性)

 

以上のような感じで、自分はストレスと向き合っています。

 

お読みになられた方へ少しでも参考になりますと幸いです。

スポンサーサイト

コメント